医師のコメント

48歳男性。右大腿部(前面、側面、後面)にガゾリンがかかり引火してしまう。2ヶ月弱他院で「湿潤療法」を続けていましたが一向に改善の兆しがなく、患部から悪臭が出るようになって来院。初診時には強烈な悪臭を放っていました。ご本人の許可を得て診察室の窓を開け、換気扇を回しての処置となりました。(悪臭の状況を伝えられなくて残念です)
これは患部に「いわゆるバイ菌」がついた状態、感染をおこしていました。感染をおこしていると患部は絶対に上皮化しません(乾きません)。「湿潤療法」をいつまでやっても無駄です。場合によっては植皮手術を薦められることにもなりかねません。

このような状態でも通常は当院の薬をつけて一週間もすれば感染は収まり悪臭をはなつことはなくなるのですが、この方の場合前面の部の感染が収まりにくく悪臭は少なくはなってきていてもなかなかとれません。この部だけ難治性となってしまいました。

 他の部は約二ヵ月半、前面は三ヵ月半での上皮化でした。上皮化の遅れは当院治療開始時期の遅れと感染が影響しているのかもしれません。初期に治療開始をしていればこの方の「初めの治療期間である約2ヶ月弱」の間に大部分の上皮化は可能だったかもしれません。やけどは初期治療が大切です。

その後の経過は「Ⅲ度のやけどでとくに初期治療で難渋した場合」には上皮化後の1~2ヶ月ごろから肥厚性瘢痕になることが避けられないのですが、それほど瘢痕が盛り上がることもなく比較的平らで柔らかくなっています。このようなことは稀なケースですので今後の治療観察は必要です。

患者さんの声

 12月の寒い日にガレージでオートバイの整備中にガソリンをこぼし、足にか かってしまい、そのまま流れ出たガソリンがストーブの火で引火し、アッとい う間に太ももを火傷してしまいました。最初は手で払って火を消そうとしまし たが、なかなか消えず(パニック状態でガソリンが付いていることなど忘れて いました)かなりの時間、足が燃えていました。結局、水道のあるところまで 行き、水をかけて火を消しました。その後、救急車で近くの病院へ運ばれ治療 を受けて帰宅しました。

 傷の程度は「二度の火傷」と言われ通院治療だったので、1ヵ月ぐらいで治B るかと思っていましたが、だんだんと酷い状態になり、「三度の火傷」でした。  週2回の通院と自宅での治療は、傷口を水で洗い流し、ラップにワセリンを 塗り付け巻き付けるものでした。最初のある程度までは傷の周りから治ってい る様に感じましたが、1ヵ月、1ヵ月半が過ぎてもまったく良くなっている感 じがしない状態が続きました。この時は「もうこのまま治らないで、逆に腐っ ていってしまうのでは・・・」と悪いことばかり考えていました。

 川添医院の事は12月末に家内がインターネットで探してくれて、一度治療を 受けてみたいと思っていましたが、車を運転出来る者が家族におらず、歩くの もやっとでしたので、とても難しい状況でした。また、治療を受けても本当に 治るのだろうか?痛くないのだろうか?(そのころは毎日傷口を洗う度に激痛がし ていました)治療費の件は?等々不安もありました。しかし、意を決し電車で 行くことにしました。
 初めて診察を受けた時は、まだ、かなり酷い状態で臭いもしていました。川 添先生は現在の状態を丁寧に説明して下さり、普通(別の病院なら)なら皮膚移植だと言われま した。治療そのものは痛みも無く本当に楽なものでした。更に、洗い流すのも 無理にしなくても良いと言われ精神的にも大変楽になりました。経過はある時 期からはどんどん良くなっているのが分かり、毎日手当てする時が楽しみにな るほどでした。

 今では傷自体は消え、多少の突っ張り感や膝の曲げ伸ばしに不自由さはあり ますが信じられないほど回復しました。思い切って川添先生のところへ行って 本当に良かったと思っています。今後もしばらく治療は続くでしょうが、元通 り動けるようになると信じています。